小児眼科

小さいお子さんの眼科診療

小さいお子さんの眼科診療生まれてすぐの赤ちゃんは、明かりがぼんやりと分かる程度の視力と言われています。私たちの視機能は生後から急速に発達するとされています。小児に多いとされる斜視や弱視は、発達するお子さんの時期に治療を行うことで完治したり、正常に発達する可能性が高まります。このように、小さいお子さんの眼科診療において重要なのは、治療時期のタイミングです。目の前にある物体を見て把握する機能は、生後1歳くらいまでに発達し、だいたい10歳頃になると視力が完成するとされます。視力の発達期間に、目のトラブルが起こると、視機能がしっかりと発達しない恐れがあります。また、小さいお子さんの目の障害は外からは分かりにくく、何らかの違和感があっても上手に伝えることができないため、なかなか異常に気付くことが難しいとされています。お子さんの目の異常など気になる点がある場合は、気軽に当院にご相談ください。

小児の代表的な病気

小児の眼科診療で多いとされる病気は以下の通りです。

弱視

弱視生後間もない赤ちゃんの視力は、物をはっきりと見ることができません。そこから、外部の視覚的刺激によって視力が発達し、次第にはっきりと見えるようになって識別するようになります。この視機能の発達段階で、視覚的刺激が正常に伝わらず発達できない「発達不全」の状態を弱視と言います。弱視の特徴は、眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても視力が上がらないこととされています。遠視・近視・乱視などの屈折異常が原因とし、そのほか先天性の眼科疾患などが挙げられます。裸眼での視力が1.0ない場合でも、眼鏡やコンタクトレンズの装用で1.0以上の視力があれば弱視ではありません。弱視の治療が有効なのは、視覚の感受性期間とするため、3歳児検診などで異常が見つかった場合は当院にご相談ください。治療方法は、アイパッチ・弱視治療用眼鏡などを用いて行いますが、お子さんの見え方や性格などでも異なるため、まずはお気軽にご相談ください。

斜視

物を見ようとした際、通常ならば両目が目標物に向かって同じ方向を向きますが、斜視の場合は、目標に向かって両眼を合わせることができません。斜視には、黒目がずれる方向によって、内斜視・外斜視・上下斜視の3種類があります。
斜視の主な原因は不明とされていますが、遠視が原因の場合は斜視治療用眼鏡の装用によって症状を改善できる可能性があります。お子さんの症状によって、手術治療が有効なケースもあるので一度当院にご相談ください。

色覚異常

色覚異常色の見え方が大多数の人と違っている状態を色覚異常と言います。色の感じ方は、網膜の細胞によって決まりますが、先天性の異常によって起こることがほとんどです。自覚症状に乏しく、全く色が分からないというように誤解を受けやすいですが、色の感じ方が異なるだけで色が全く分からないということではありません。色覚異常を判断する検査があるので、お子さんの色の見え方で気になる場合は一度当院にご相談ください。色覚異常が認められた場合は、日常生活を支障なく過ごすための工夫やアドバイスを行います。

結膜炎

何らかの原因によって、結膜が充血して炎症を起こす状態を結膜炎と言います。主な症状としては、目が痛い・充血している・目やにがたくさん出る・目がかゆい・ゴロゴロするなどが現れます。ウイルス性結膜炎や細菌性結膜炎・アレルギー性結膜炎(花粉症)など様々な原因が挙げられます。治療方法は、それぞれの原因疾患の治療を行います。点眼治療を主に行うので、気になる症状がある場合は早めに当院を受診してください。

お子さんの近視にお悩みの方へ

近視の原因

近視の人は正常な人より目の長さ(眼軸長)が長いため、ピントが合わず遠くがぼやけて見えづらくなります。近視には大きく分けて「環境要因」と「遺伝子要因」があり、近視の多くは学童期に発症し平均20歳くらいまで進行します。
環境因子としてはパソコンやスマートフォンなどで目をつかいすぎることや、外で遊ばなくなったことなどが言われています。強い近視(強度近視)には遺伝的な影響が大きいと知られており、親が強度近視の場合、子供が早くから強い近視を生じることが報告されています。近視が強くなると緑内障や網膜剥離、黄斑変性症などの重篤な病気を引き起こす原因となるため、近視抑制治療が有効的です。

眼鏡の装用

教室の一番前でも0.3を切ると眼鏡が必要となります。学業に支障が出る場合がありますので、0.5~0.7程度を基準に眼鏡の装用を考えましょう。眼鏡を弱めにしても近視の進行を抑制することはできません。眼鏡の付け外しで近視が進むこともありません。

近視の抑制方法

日中1日2時間の屋外活動が有効といわれています。太陽光の一部であるバイオレット光は、近視抑制遺伝子EGR1を活性化。1日2時間の屋外活動で、近視になる割合を60~20%まで減らせます。ゲームや読書などの近方作業の悪影響も減らせます。窓ガラスや眼鏡はバイオレット光を遮断するため、可能であれば眼鏡は授業中だけ、屋外は裸眼で過ごすことがおすすめです。

近視の進行抑制治療について

様々な近視の進行予防方法がありますが明確なエビデンスやコンセンサスが得られていない治療法が多くあります。当院では有効性・安全性が示されている、マイオピン治療とオルソケラトロジー治療を行っています。

マイオピン治療

小児期の近視の進行を抑制させることを目的に低濃度アトロピン(0.025%)配合させた点眼薬を一日1滴点眼する治療のことです。近視の進行を平均60%軽減させるといわれています。まぶしさや遠近調整機能(手元を見るさよう)に影響を与えません。主に対象となるお子様は、視力検査ができる4歳~12歳くらい、軽度または中等度-6Dの近視の方を対象としています。処方は少なくとも2年間の継続することをおすすめします。

治療の流れ

1治療前検査

お子様の視力や目の状態などを検査します。

  • 屈折検査:近視、遠視、乱視がどのくらいあるのか検査します。
  • 眼圧検査:目の硬さを測ります。
  • 視力検査:目がどのくらい見えているのか検査します。
  • 屈折検査、眼底検査(散瞳した後に測定します):目のデータを測定します。

場合によっては散瞳して詳しく検査を行います。初回の散瞳検査は20~40分かかります。また、散瞳した場合は、3~6時間まぶしさが出ることがあります。時間に余裕のある日におこしください。検査で、斜視弱視がある場合は治療適応外となります。

2診察

検査結果をもとに、医師が診断し治療内容の説明を行って、マイオピン点眼が処方されます。

3点眼薬開始

診察後、適応があればマイオピンを処方します。初回は1本(1か月分)の処方となります。
マイオピン点眼薬を1日1回就寝前に点眼してください。各容器(1本5ml)を両眼に1か月間の使い切りとなっていますので、毎月新しい点眼薬をお使いください。

4定期検査

点眼開始から下記の日程で医師の診察を受けます。自由診療で定期的な通院が必要となります。

  • 1か月後:視力検査、屈折検査、診察により防腐剤やアトロピンアレルギー、まぶしさや近方の見えにくさがないか確認します。
  • 以後3か月に1回の定期検査:視力検査、屈折検査、診察を行います。

費用について(自由診療)

点眼薬(0.025%・1本5ml) 3,500円(税込)
診察料 2,000円(税込)

マイオピンの特徴と安全性について

  • 毎日必ず就寝前に1滴点眼するだけの簡単な治療法です。

  • 1本(5ml)は、両眼用に1か月1位だの使い切りとなっています。

  • 日中の瞳孔(黒目)の大きさに対する影響は許容範囲ですが、まぶしさを感じる場合は調光レンズをしようすることでまぶしさを軽減することができます。

  • 目の遠近調整機能(手元を見る作業)にほとんど影響を与えません。そのため、近見視力の低下にあまり影響を与えず、近用の眼鏡はほぼ必要ありません。

  • 本製品はGMP(医薬品製造管理及び品質管理基準)準拠の工場で製造されています。

  • シンガポール、および香港で行われた研究結果の安全性については、以下の報告がありました。

     ▷点眼終了後、目の遠近調整機能の低下、および瞳孔がひらき続けてしまうという報告はありませんでした。

     ▷アレルギー性結膜炎、および皮膚炎の発生はほとんどありませんでした。

     ▷眼圧に影響を与えるという報告はありませんでした。

     ▷白内障を発生させるという報告はありませんでした。

     ▷電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありませんでした。

keyboard_arrow_up