オルソケラトロジー

オルソケラトロジー治療とは

オルソケラトロジー治療とはオルソケラトロジーレンズというコンタクトレンズを就寝前に装用することで、寝ている間に近視を矯正できる治療方法です。起床したら、コンタクトレンズを外して、昼間は裸眼で生活しても良好な視界で快適に過ごせます。オルソケラトロジーレンズの近視抑制効果が近年注目を集め、特に近視が進んだ学童期のお子さんに有効だとされています。

オルソケラトロジー治療のしくみ

オルソケラトロジーレンズは、寝ている間に角膜の形状を一時的に平らに変化して、視力の矯正を図ります。レンズ内側が特殊なデザインとなったハードコンタクトレンズです。起床してレンズを外しても、矯正された角膜の形状は日中の間は保たれるので、裸眼で快適に過ごすことができます。ただし、効果が得られるまでには個人差があるため、視力が安定するまでは、一時的に眼鏡やコンタクトレンズなどを装用することがあります。

装用前

近視の状態のため、外からの光を網膜よりも手前で焦点を結んで対象物がぼやけて見えます。

装用中

就寝前にレンズを装用して寝ます。寝ている間に角膜の形状が平坦に変化することで、網膜上で焦点が結ばれるように矯正していきます。

装用後

起床してレンズを外しても一定時間、平坦化された角膜の形状が維持されるので、日中は裸眼でも良好な視野で快適に過ごせます。

オルソケラトロジーレンズの長所と短所

長所

  • 日中裸眼で過ごすことができる
  • 年齢による視力変化に対応できる
  • 装用をやめればすぐに、元の眼の状態に戻せる

短所

  • レンズの適切なケアが必要
  • 定期検査を受けなければならない
  • 適切に装用しないと感染する恐れがある
  • 寝ている間とはいえ、装用を継続して行う必要がある
  • 近視の状態によっては適応できない場合がある

こんな方にお勧め

眼鏡やコンタクトレンズから開放されたい方

眼鏡やコンタクトレンズから開放されたい方眼鏡やコンタクトレンズの装用に伴う煩わしさから開放されたい方にお勧めです。異物感や目の乾きなどのコンタクトレンズの不快感が苦手な方、花粉症などの症状でコンタクトレンズの装用ができない方などにお勧めの治療法です。

スポーツを楽しみたい方

眼鏡を装用してスポーツができない・砂ホコリなどで目が痛い・目が乾くなど、眼鏡やコンタクトレンズの装用が難しい方にお勧めです。また、激しいスポーツや水泳などの水中スポーツにもお勧めの治療法です。

手術に抵抗がある方

レーシックなど屈折矯正手術になかなか踏み切れない方、手術治療に抵抗のある方にお勧めです。外科的手術を行うと、手術前の状態には戻れませんが、オルソケラトロジーレンズの場合は、装用を辞めれば角膜は元の状態に戻せます。

近視の症状を抑えたい方

早期の使用によって近視の進行を抑えられるとして注目を浴びています。近年では、国内外で研究が進められていて、特に学童期から若い年代に有効とされています。

治療のスケジュール

1適応検査

一般的な眼科検査とオルソケラトロジー治療の適正検査を行います。現在コンタクトレンズを装用している場合は医師にご相談ください。検査所要時間が2時間程度のため、受付終了1時間前までに来院がなかった場合は、2回に分けて検査を行うことがあるのでご注意ください。テストレンズがある場合は、1時間ほどトライアル装用します。

2テスト装用

トライアルレンズを1週間装用します。装用してから1週間後に定期検査を行います。

3仮治療

適切な度数を合わせます。この場合、レンズ交換が必要な場合があります。

4本治療

トライアルレンズの装用を終えて返却します。このときに新しいレンズを注文します。治療開始時に必ず同意書にサインをしていただきます。未成年は保護者の同意が必要です。

5仮治療

装用開始から1週間後・1カ月後・3カ月後・以降3カ月ごとに定期検査を行います。眼の状態によっては、これ以外にも来院が必要になる場合があります。定期検査に来院できない場合は、治療を中断することがあります。

keyboard_arrow_up