ボトックス注射

しわボトックス注射

ボトックスとは

A型ボツリヌス毒素より抽出した、毒性のないA型ボツリヌストキシンです。
筋肉に注射することで、ある一定の期間の筋肉収縮を和らげる効果があります。
これを利用して表情ジワの改善を図ります。
注射してすぐに効果は実感できません。個人差はありますが、2~3日で効果を実感しはじめ、3~4ヶ月効果が持続するというのが目安となります。

表情ジワと固定ジワ

しわには表情ジワと固定ジワがあります。
表情ジワは筋肉を動かしたときにでるシワのことを言います。例えば笑った際に目の周りにある眼輪筋という筋肉が収縮することで、皮膚が折りたたまれ、目尻にしわがでたりします。ボトックス注射はこの筋肉の動きを和らげることで、目尻にしわがでないようにします。
固定ジワは、表情ジワが何度も浮かんでいるうちに皮膚に癖づいて固定されたものです。
無表情でも常に出ている額のシワや、目尻のシワ、ほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴラインのシワが代表的なものです。
一度癖づいてしまうと、ボトックスのみで改善させることは難しいので、癖付けされていないうちに表情ジワに対して適切な対処を行っておくことが重要になります。

安心・安全のボトックスビスタを使用しております

当院では、日本国内で唯一厚生労働省の承認を受けているボトックス正規品である「BOTOX VISTA」(ボトックスビスタ)のみを使用しています。この製品は適切な保管や運送体制が保証されており、当院では製造販売しているアラガンジャパン株式会社から直接入手しています。

極細注射針の34Gを使用しております

当院では、注射時に痛みを感じにくい世界初極細注射針34G JBP Nanoneedle(直径0.18mm)を導入しております。JBP Nanoneedleは針の外形が薄く、針の厚みが薄く、表面に摩擦抵抗が少なくなる処理を施しているため、注射針を刺した時の痛みと出血を軽減できます。

エラボトックス注射

エラが張っていると、お顔が大きくみえることがあります。
エラは骨の要素に加え、咬筋といってものを噛むときに働く筋肉も存在しております。
この咬筋が肥大することでエラが張って見え、フェイスラインが横に張り出したホームベース型に見えてしまいます。
ボックスを肥大した咬筋に注射することで、エラの張りを改善し、小顔効果を期待できます。

エラの張り改善効果

エラの骨自体が張っている方は、エラの骨自体を削る手術がありますが、負担の大きい外科手術です。
しかし、エラが張っていると感じている場合、骨ではなく咬筋というエラ部分に盛り上がった筋肉が原因になっているケースが多くあります。
奥歯を強く噛みしめた時にエラが張り出すような感じがする場合には、咬筋肥大があるというサインにもなります。そのような咬筋肥大のある場合、ボトックス注射により小顔効果が期待できます。効果は3~4ヶ月間持続しますので、もし効果が出すぎてしまった場合でも、時間経過とともに必ず元の状態に戻りますのでご安心ください。

当院では、注射時に痛みを感じにくい世界初極細注射針34G JBP Nanoneedle(直径0.18mm)を導入しております。JBP Nanoneedleは針の外形が薄く、針の厚みが薄く、表面に摩擦抵抗が少なくなる処理を施しているため、注射針を刺した時の痛みと出血を軽減できます。

肩こりボトックス注射

ボトックスを筋肉に注射することで、筋肉の緊張を和らげることができます。
肩こりは主に僧帽筋という筋肉の緊張が原因となっている場合が多いため、僧帽筋に直接ボトックスを注射することで肩こりを軽減します。
また僧帽筋の大きさが小さくなることで、首から肩のラインがすっきりし、首を長く見せる効果も期待できます。

効果の出かたや持続期間については個人差がありますが、注射をしてから肩こりは1~2週間、肩のラインについてはおよそ1ヶ月で効果が現れ、4~5ヶ月持続します。

当院では、注射時に痛みを感じにくい世界初極細注射針34G JBP Nanoneedle(直径0.18mm)を導入しております。JBP Nanoneedleは針の外形が薄く、針の厚みが薄く、表面に摩擦抵抗が少なくなる処理を施しているため、注射針を刺した時の痛みと出血を軽減できます。

料金

ボトックス注射 1回
顔のシワ1箇所 22,000
両エラシングル 33,000
両エラダブル 66,000
肩こり 33,000
両脇シングル 33,000
両脇ダブル 66,000
麻酔クリーム(10%キシロクリーム) 1回
注射を打つ部分 2,200
keyboard_arrow_up